疾患について

耳の疾患

外耳炎
耳垢・異物や過度の耳掃除などによって炎症を起こします。
痛みや耳閉感が主な症状です。
鼓膜穿孔
中耳炎や外傷(殴打・過度な音響・鼻かみ)により生じます。
自然閉鎖することも多いですが、穿孔が残存したり、難聴などの症状がある場合は治療が必要となります。
中耳炎
小児に多く、鼻風邪が主な原因です。痛みや難聴が主な症状で、治療が必要となります。
難聴・耳鳴・めまい
原因は多岐にわたります。
その原因は耳とは限りませんので、しっかり診断することが必要です。

鼻の疾患

副鼻腔炎(ちくのう症)
軽度なものなら薬で治ることも多いですが、重症なものや慢性化しているものは治療が長期間かかったり、手術が必要な場合があります。
アレルギー性鼻炎・鼻過敏症
まずアレルギーの原因になっていることをはっきりさせ、治療方針を決めていきます。
基本的な治療は、抗アレルギー薬を内服したり、点鼻薬を使用してアレルギー反応を抑えることですが、免疫療法(減感作療法)や手術によって改善させる方法もあります。
薬剤性鼻炎
他の病気で飲んでいる薬の副作用や、市販されている点鼻薬の乱用で、鼻の粘膜が変性して鼻炎症状が治らない状態です。
最終的には手術が必要となるケースが多くみられます。

咽頭・喉頭の疾患

扁桃腺炎
ひどくなると摂食不可能なくらいの痛みや高熱を生じることがあるため、早めの治療が必要です。
習慣的に炎症を起こすようになると手術が必要なこともあります。
扁桃腺肥大・アデノイド肥大
特に小児に見られます。
大きいからといって必ず治療が必要ということではありませんが、大きすぎることによっていびきや睡眠時無呼吸症などがある場合は治療が必要です。
声帯ポリープ
声を酷使する方に発症する病気です。
まず声の安静が必要ですが、改善をしない場合は手術となるケースもあります。
腫瘍ではないことの確認も必要です。

頚部の疾患

唾液線腫脹(顎下腺・耳下腺)
ウィルス性のおたふくかぜや細菌性の炎症など区別が必要です。腫瘍の疑いもあるのでしっかりと診断が必要です。
頸部リンパ節腫脹
のどから炎症の波及で腫れることが多いですが、腫瘍などの疑いもあるため診断が必要です。まずエコーなどで診断するのが簡便です。
甲状腺疾患
甲状腺は体の代謝を調節するホルモンを分泌する臓器ですので、血液検査にて機能が正常かどうかの診断とエコーによって腫瘍の有無を診断することが大切です。

補聴器について

  1. 難聴の程度と患者様の生活スタイルによって適応を考えます。 難聴の原因によっては治療で改善する場合もありますので、補聴器希望の方は一度受診してください。
  2. 補聴器との相性も考慮しなければなりませんので、当院では即購入してもらうことは避けて試用期間を設けています。
  3. 難聴の程度によって「身体障害者」に該当する方は、市町村より身体障害者の適応を受けると補聴器購入の際に補助金を受け取ることができます。 手続きの詳細はお住まいの各市町村にお問い合わせください(その際に必要な診断書は当院より発行できます)。

ページのトップへ

  • i・call
  • 福島クリニック
  • 日帰り手術ナビ

烏丸ハイメディックコート

当医院は、京都の中心地、四条烏丸に位置する「烏丸ハイメディックコート」5階に2011年10月1日新規開院いたしました。

烏丸ハイメディックコート

京樹会四条烏丸耳鼻咽喉科
京都府京都市中京区烏丸通蛸薬師下る手洗水町652
烏丸ハイメディックコート5F
TEL:075-252-3387
※スマートフォンで閲覧中、タップすると電話がかけられます。
地下鉄「四条」駅・阪急「烏丸」駅21番出口より烏丸通を北へ徒歩3分